日々婚活

いつかは結婚を目指す非モテ女子の哀愁トーク

男性の反応、女の子のリアクション

意外に弱弱しい男はごめんなさいだけど、男の性的魅力があればまだマシだと思える私なのであります♪。きちんとしたパーソナリティーの持ち主って草食系にはなかなかいないと思うのはワタシだけ?
独りぼっちだと暇なときに好みの時に遊びにいけるし生活が単純でいいんだけどなんとなく寂しいよね。根本的にオトコは女の人の怖がるときのしぐさを見て心を惹かれるらしいね。
今度の金曜日は友達の結婚式だけど、自分の花婿姿を想像してしまうかも。そうそう、手軽なのは職場婚か結婚相手紹介サービスだなあ。でも冒険もしてみたい気もする。
うーん、つぎの合コンでは前回のような失態は避けるようにしたいものだね。出逢いはいつあるかわからないから、服装には毎日配慮しようと思ってはいるけどね。

そうそう、結婚相手紹介サービスにも特長はあるから利用しない手はないね。寿退社してった友達は2年間も結婚活動 頑張ったんだよね。えらい!
一段と自分磨きに精進が必要でしょうね。山口に引っ越した同僚はもうカレから部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに密接な関係なんだねー。本当はメイルだけでモテるような書き方があればベストよね。選択に吟味を重ねているうちにダイスキな男の人はとられていくのよねぇ。たくさんの男と遊びたい。けど、甘い言葉には慎重に対応しないとね。
多くの結婚資金はそれほどは大切でないけれど、あるに越したことはないね。男性って、男ごころをうまく使用すると案外コントロールしやすい生き物なんかなー(*^^*)。
東京にいる可愛い同僚はこれからゴールに向けて最後の精進らしい。いいなあ。結婚活動 ではちょっと交遊がウマくいっても突然離別を迎えやすいからなやみだよね。
やっぱり純真なラブなんだよね。ラブロマンスといってもやっぱり心が引かれる会話のできる関係でないと飽きるものですね。

カテゴリー:片想い

-Links -

« そこそこ片恋に疲れたとき    さみしいときこそ恋人が欲しい »
Copyright © 2009 日々婚活. All rights reserved